年賀状の印刷注文 | ネットスクウェアで格安発注

年賀状の印刷を注文したいなら、ネットスクウェアを利用しましょう。

思った以上に便利でした!





手書きで毎年欠かさず年賀状を出しています。

私はイラストを考えてカラフルに仕上げます。

両親も手書きにこだわりましたが、視力低下にともない印刷したいと言いました。

書く枚数は少ないので、お店に頼むことも考えました。

ハガキ用の印刷プリンターがあると聞いて、カシオのポストランドを購入。

説明書を見ながら練習してみました。

練習用に無地のハガキを100円ショップで購入、宛名を印刷。

仕上がりは両親も満足する位、キレイです。

絵柄入りの年賀状を買って宛名だけ印刷に使います。

インクはインクリボンという、カセットテープを小さくしたものを使用。

途中、インク切れの時はインクリボンを本体から外して裏面にして戻すと印刷が出来ます。

慣れると速くて便利です。

年賀状以外のハガキを印刷することが可能で、設定を変えると同じように出来ます。

本体にはあらかじめイラストが登録されていて季節感のあるイラストや年賀状用のイラストもあります。

イラストを印刷する時はカラー用のインクリボンに交換。

あらかじめ住所録を作り、登録することで作業時間を短縮できて便利です。

両親もこれならもっと早く買えばよかったと言うほどです。

ただ年賀状を断る場合、専用のハガキがありますがあちらはショップさんに頼まないといけないですが、一台あるととても便利な製品でした。

オススメです。

思った以上に便利でした!





年の瀬になると年賀状を送らないといけないと時間を作る必要が出てきますが、中々手間がかかるのですぐにはとりかかれない事も多々あります。

特に今までの年賀状を保管しておいて住所を記載するのは、今までの年賀状を探すという行為からスタートする上に見つからないケースも多々あります。

なので私は住所録はパソコンに入力して保管しています。

それなら後は出す相手に対して印刷するだけで済むからです。

それでも時間はある程度はかかりますが、手間は大分省けます。

因みにハガキ印刷する上でソフトがどうしても必要となりますが、市販ソフトではなくフリーのソフトでも結構良いソフトがある上に、そのソフト上で住所録が作成出来る事もあります。

印刷するので年賀状に手書きをするのは一言添える時だけになっています。

年賀状の印刷についてですが、私の個人的な意見として反対です。

100歩譲って言うのであれば、印刷した年賀状に2?3行のコメントを付して送るのならギリギリokですが、社会人の年賀状には何のコメントもなく、そのまま印刷したてのものを送るのが一般的です。

いわゆる義理年賀状というものですが、こんなものもらったところで嬉しくもなんともありません。

一般的に言う定年後になって利用価値がなくなったと思われた瞬間に来なくなる年賀状です。

馬鹿なサラリーマンエリートは、もらう年賀状の枚数=自分のステータスと考えていますので、この瞬間に現実の自分の評価を知る事になります。

最も心のこもった年賀状は言うまでもなくオール手書きの年賀状でしょう。

こういう年賀状をもらえるような人生を歩んで行きたいです。

思った以上に便利でした!

このページの先頭へ